MOBILE-J  サービス利用規約


(適用の範囲等)
本利用規約(以下、本規約)は、株式会社ジャパン・エモーション(以下、弊社)の提供するデータ通信回線・機器、及びその付属品(以下、通信機器等)の利用サービス(以下、本サービス)を契約申込者(以下、申込者)が利用する場合に適用される。

(本サービス)
弊社は、本サービスとして通信機器等を申込者に対し、弊社の定める本規約の内容において利用を認める。
本サービスの具体的内容は、弊社が定める。

(契約の成立)
申込者は、本規約に同意の上、インターネットのオンライン申し込み画面に必要事項を記入し、弊社に提出する。
申込者が、弊社指定の手続きにより本サービスの申込みを完了し、弊社がこれを承認した時点で本サービスの利用契約が成立する。
また、利用契約が成立した申込者はMOBILE-J会員とする。
会員になることによる会費等は発生しない。
弊社は、次の各号に該当する場合には、本規約の申込みを承諾しないことがある。
申込者が本規約に違反するおそれがあると弊社が判断した場合。
申込者が本規約上の債務の支払いを怠るおそれがあると弊社が判断した場合。
申込者から弊社への申告に虚偽内容があると弊社が判断した場合。
違法に、又は明らかに公序良俗に反する態様で本サービスを利用するおそれがあると弊社が判断した場合。
申込者が弊社又は本サービスの信用を毀損するおそれがある態様で本サービスを利用するおそれがあると弊社が判断した場合。
弊社がその他事情によりサービスが提供できないと弊社が判断した場合。
弊社は、申込者の希望するサービスを用意出来ないと判断した場合は、自由に利用契約を解除することができるものとする。

(通信機器等の引き渡し)
申込者は、契約成立後に弊社又は弊社の指定する事業者から、指定する日本国内の場所で通信機器等の引き渡しを受けることが出来る。ただし一部配達困難地域等は除く。
申込者は、通信機器の発送後は利用契約を解除することは認められない。
弊社は、引き渡しが遅滞又は不能な場合に、代替品の引き渡しを行う責任のみを負うものとし、それ以外の責任を負わない。

(通信機器等の管理)
申込者は、通信機器等の利用にあたって以下の行為を禁止されます。これに反した場合は損害賠償の義務を負い、利用契約解除の原因となります。
通信機器等の譲渡、転売、解析、改造、改変、損壊、破棄、紛失、著しい汚損(シール添付、削切、着色等)、添付済みシールの剥取等
本規約外の不正使用
通信機器等の取扱説明書に記載されている禁止事項に該当する行為
電気通信事業法、携帯電話不正利用防止法ならびに関係法令に違反する行為
申込者は、通信機器等が滅失・毀損した場合又は盗難にあった場合は、ただちにその旨を弊社に連絡する義務を負う。なお、申込者に故意又は過失が認められない場合においても、通信機器等を不正に利用された責任は申込者が負担するものとする。
申込者は、通信機器等を滅失・毀損した場合は、その理由が弊社の責に帰すべきものである場合を除き、通信機器等の修理代金又は再調達代金として、別途弊社が定める「通信機器等の修理代金又は再調達代金等」を弊社に支払う義務を負う。
申込者は、通信機器等の滅失・毀損に備えて、別に弊社が定める補償制度を利用することができるものとする。

(通信機器等の買取)
申込者は、弊社の承諾を得ずに通信機器等を買取ることは認められない。

(利用方法)
弊社は、すべての方に公平公正な通信の利用を提供するため、提供する通信事業者による政策又は弊社の判断により、申込者若しくは利用者が過剰な通信を行った場合に、通信機器等の利用中断又は利用制限を行うことができるものとする。また、動画ストリーミング・オンラインゲーム・VOIP・FTP等負担の大きな通信についても同様とする。
弊社は、前項の場合においても、申込者に対し、一切の責任を負わない。
通信機器等に瑕疵があった場合は、弊社は通信機器等を交換する義務のみ負う。その他の原因で本サービスが利用できない場合は、弊社が原因を確認し、申込者に通知する。
申込者は、本サービスの利用にあたり、次の各号に定める行為を行ってはならない。
本サービスに関連して使用される弊社ならび第三者の著作権、商標権、その他いっさいの権利を侵害する行為、又はそのおそれのある行為
本利用規約に反する行為
電気通信事業法、携帯電話不正利用防止法ならびに関係法令に反する行為
通信機器等への付加物品の取り付け、改造、分解、損壊
通信機器等を第三者に転貸、譲渡、その他担保に供する等弊社所有権の侵害行為
その他弊社が合理的理由に基づいて、不適切・不相当と判断する行為

(料金及び支払い)
本サービスに関する利用料金(全て税別)は、次の通りとし、詳細は弊社ウェブサイトに定める。

プラン

SIMプラン

SIM+
モバイルwifiルータープラン

契約期間

24か月契約

12か月契約

24か月契約

12か月契約

プラン別
月額料

20GB

¥2,680

¥3,180

30GB

¥2,980

¥3,480

¥3,480

¥3,980

50GB

¥3,980

¥4,480

¥4,680

¥5,180

150GB

¥4,980

¥5,980

¥5,480

¥5,980

事務手数料

¥3,000

端末代

無料

¥7,000

解約金

0-12カ月目

¥9,500

¥9,500

¥16,000

¥9,500

13~24カ月目
(更新月以外)

¥9,500

¥9,500

¥12,000

¥9,500

25カ月目~
(更新月以外)

¥9,500

¥9,500

¥9,500

¥9,500

 

更新月と解約金については下記の定義とする。

12か月契約:申込日を初日として12か月間経過後からの1か月間、以降同サイクル。

24か月契約:申込日を初日として24か月間経過後からの1か月間、以降同サイクル。

 

(例)

2018年1015
契約の場合

契約期間

初回更新月

2回目更新月

12か月契約

2019年1015日~1114

2020年1015日~1114

24か月契約

2020年1015日~1114

2022年1015日~1114

 

本サービスの利用料金は、実際の通信の有無に関わらず発生する。

支払方法は、クレジットカード払いのみとする。
支払日は契約日に事務手数料と初月分月額料が決済され、翌月以降は申込日と同日に月額料が毎月決済される。

申込日が29~31日の場合、同日が存在しない月については前倒し日にて決済される。

申込者は、支払日に料金が決済されない場合は、弊社に年14.5%の遅延利息を支払う義務を負う。
弊社は、本規約に基づく申込者に対する債権の請求及び受領行為を第三者に委託することができる。

(あんしん補償)
弊社は、「SIM+モバイルwifiルータープラン」について次の補償制度(以下「あんしん補償」及び「あんしん補償MAX」)を定める。
<
あんしん補償>

2.あんしん補償は月額300円(税別)、あんしん補償MAX500円(税別)とする。
3.
あんしん補償及びあんしん補償MAXは契約時にのみ申込み可能とする。
4.
あんしん補償及びあんしん補償MAXを解約する場合は弊社に要メール連絡。毎月の月額料支払日の15日前までに弊社からの承認があった場合に翌料金決済分から解約となる。
5.
あんしん補償及びあんしん補償MAX加入時は次に記載の免責額の支払いとする。

サービス名

オプション内容

月額料

あんしん
補償

・ルーターの自然故障の修理が無料で行えるサービス。
・水濡れ・紛失は対象外

300円

あんしん
補償MAX

・ルーターの自然故障の修理が無料で行えるサービス。
・水濡れ・紛失も対象(同等機種への交換対応・年2回まで)
1回目免責額(お客様支払額) 5,000
2回目免責額(お客様支払額) 8,000

500円

 

<各種弁済金>

本体(各補償サービス非加入時)15,000
電池パック4,000円(補償範囲外)
背面カバー 本体に含む
SIM
カード 5,000円(補償範囲外)
USB
ケーブル 1,000円(補償範囲外)

申込者は盗難、紛失の場合は警察への届出を行う義務を負います。届出がない場合は補償適用外(届出番号・届出した警察署・届日等の情報を弊社へ要メール通知)。

代替品送料として別途500円(税別)が発生。
各補償サービスは解約後の再加入は不可。

(損害賠償)
申込者は、本サービスの利用に関して、申込者の責に帰すべき事由により弊社に損害を与えた場合、弊社が被った損害を賠償する義務を負う。
申込者が本サービスの利用に関して、第三者に損害を与えた場合、又は第三者と紛争を生じた場合、申込者は自己の責任と費用でこれを解決し、弊社にいかなる責任も負担させないものとします。万一、弊社がほかの申込者や第三者から責任を追及された場合、申込者はその責任と費用において当該紛争を解決するものとし、弊社は一切を免責する。

(免責)
本サービスにて通信機器等を利用し、電子書籍端末を含むスマートフォン等の通信機器にて、申込者又は利用者の善意悪意に関わらず、弊社案内の方法以外で通信ネットワークに接続した場合、ご利用の通信会社から海外データローミング料金等の通信料が課金される場合があるが、この場合弊社は一切の責を負わない。
申込者又は利用者の故意又は過失を問わず通信機器等の使用に支障をきたした時に、弊社に連絡せずに使用を継続した場合は、弊社は一切の責を負わないものとし、申込者は利用代金を支払う義務を負う。
弊社は、通信機器等の利用に何らかの支障があったことにより、申込者が被った事故又は損害等について一切の責を負わない。
弊社の故意過失により通信に不具合が生じ、本サービスを本来の目的に利用することができなかった場合は、申込者に対し、当該期間に対しての利用料免除等の補償を行うが、それ以外の一切の責任は負わない。

(本規約の解除)
弊社は、申込者が次の各号に掲げる事由に該当する場合、利用契約を直ちに解除することができる。
本規約上の債務の支払いを怠り又は怠るおそれがあると弊社が判断した場合。
違法に又は明らかに公序良俗に反する態様において本サービスを利用したと弊社が判断した場合。
弊社が提供するサービスを直接又は間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を与える態様において、本サービスを利用したと弊社が判断した場合。
規約に定める申込者の義務に違反したと弊社が判断した場合。
申込者について、破産、会社更生、整理又は民事再生に係る申立があった場合。
申込者が暴力団、暴力団員及び、これらに準ずる様な反社会的勢力であること、若しくはこれら反社会的勢力と関わりがあると弊社が判断した場合。
その他弊社が解除するについてやむを得ない事由があるとと弊社が判断した場合。
弊社は、前項の定めに従い解除した場合は、申込者に対して料金の返金、損害賠償、その他一切の責任を負わない。
申込者は、15日間前までに弊社ウェブサイト記載のお問い合わせ先メールアドレス宛てに契約解除(解約)希望の旨を記載したメールを送信する事で解約することができる。ただし申込み契約内容(プラン等)により解約金が発生する場合がある。

電話による解約打診は対応不可。

(規約の変更)
弊社は、申込者の承諾を得ることなく本サービス内容を含む本規約を変更することがある。変更後に本サービスを利用した場合は、本規約の変更に承諾したものとみなす。

(権利の譲渡等)
申込者は、事前に弊社の承諾を得ずに、第三者に対し、本規約上の権利又は義務を譲渡又は移転することはできない。
弊社は、申込者が前項に反した場合は、契約を解除することができる。また、これにより申込者に損害が発生した場合でも弊社は一切の責任を負わない。

(個人情報の保護に関する方針)
弊社は、個人情報の保護に関する法律の定めに従い、申込者の個人情報を善良なる管理者の注意をもって適切に管理する。
弊社は、申込者の個人情報を、サービスの提供(商品・サービスのご案内、アンケート調査の実施等)や料金請求又は弊社グループにおけるサービスの御案内などの目的のために利用し、これ以外の目的のために使用しない。
申込者は、本サービスを利用するにあたり、会員登録が必要となる。会員には、必要に応じて個別又は一斉に、登録した連絡先に弊社の定める通知方法(メール・電話・郵送等)により連絡する場合がある。

(準拠法および管轄)
本規約の準拠法は日本法とする。また、本利用規約又はこれに関する紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。


お問い合わせ連絡先
MOBILE-J
Email
info@mobilej.jp
営業時間:10001900(土日祝日、年末年始、弊社規定の休日は除きます)
平成301115日改定